■ローコスト住宅から自然に高級注文住宅に移行する方法■
-----------------------------

◎ローコスト建築会社のイメージが定着してしまうと、高級住宅
に移行するのが難しくなる。
しかし、以下の手法を使えば自然に無理なく高級化できる。
ローコストとは、本体販売価格。坪45万円まで。
中、高級住宅の本体坪価格は55万円以上。

1、推奨プラン付き宅地販売。
1区画~。申込みが多い場合は宅地を斡旋する。

2、定期借地権付注文住宅。
土地の面積は1区画60坪以上。
推奨プラン付き(建築条件の意味)
いずれの方法も自然に高級注文住宅が受注できるようになる。
1戸建築すれば周辺の建替えが5戸以上受注できるようにうなる。
当社例では、2か月で12戸の建替えが受注できた。
(愛知県の定借住宅現地周辺で)

※ここで大事なことは、現地に建物のイメージを作らないと、建築条件
付は成功しない点にある。
山形市の12区画の定借では、申込み倍率が13倍になった。
13宅地だけ見せても10分でお客は帰ってしまう。
各区画に建築イメージを作ったから見学客の滞在時間は2時間であった。
イメージを元にした自由設計のやり方である。
山形市の定借注文住宅の価格は3,500万円~最高9,000万円である。
以来、この企業は年に400戸の注文住宅を受注できるようになった。
定借をやらなかったら、このような優秀なビルダーになっていない。
現在は100区画でも全て建築条件付で完売されている。

★上記の社内研修費。
15万円(税別)+交通費。
会員割引価格。8万円(税別)+交通費。

★改正相続法の施行時期★
---------------------------

1、施行日は2019年7月1日

2、配偶者居住権施行日。2020年4月1日

3、遺言書の法務局への保管施行日。2020年7月10日

4、自筆遺言証書の方式緩和日。2019年1月13日
※改正注目事項。
「遺留分減殺請求権」が、現金債権に限定された。
つまり、不動産や自社株式は相続できない。
請求権者は、相続人にその相続分(法定持分の2分の1)
金銭のみで請求できる。
相続人にその金銭が無い場合は、長男が家庭裁判所に支払い
期限の期限延長の許可を求めることが出来る。