■建築不況に備えて、地主、家主を対象とする
———————————————————————

「土地活用ビジネス」に進出しよう。

★少子高齢化・空き家数の増大で建築着工数は年約10%減少します。
地主・家主を対象とする土地活用ビジネスは不況に強いビジネスです。
以下に、その進め方を述べます。
1、土地活用ビジネスの種類。
①建てる活用。
戸建貸家・アパート・賃貸マンション・サ高住等。
②建てない土地活用。
定期借地権22条。あらゆる建物が建築できます。50年以上。
事業用借地権23条。店舗・ホテル・工場・老人ホーム等。
30年~50年まで。
③建物譲渡特約付借地権。
あらゆる建築が可能です。30年以上。
④土地売却。専任を取ります。
⑤何もしない。
と、80年くらいで土地代相当の固定資産税を支払うことになります。

※このように土地活用とは、所有する土地の利用価値の最大化を図る仕事です。

2、対象となる地主。
市街化区域の空地50坪以上の地主・空パーキングの地主・賃貸住宅の持ち主。

3、上記の調べ方。ゼンリンの紙地図でマーキングします。色を変えて。

4、登記所の公図と所有者を登記簿で調べます。手数料がかかります。

5、上記をリスト化しDMラベルを作成します。300名以上。

6、地主・家主会を作ります。

7、地主会オープン。主旨説明と土地活用の説明。

8、テーマ別の勉強会に地主さんに来てもらうDM。
※この時に地主さんから土地活用のアンケートをとります。
約4割の地主さんが見込み客となります。どのテーマでも同じです。

9、さらに地主・家主を紹介してくれる仕組みを作ります。
不動産業者・税理士等士業の先生方。保険代理店等。
ここから成約できた場合は報酬を支払います。
個別の適正な報酬額はご相談ください。
以下にこの研修のご案内です。
■土地活用ビジネスの進め方。社内研修の案内。
1、時間:3時間。
2、場所は貴社会議室で。参加者数上限なし。
3、講師:西京建一。全国約150ヶ所の土地活用ビジネスを指導。
※プロフイールはホームページで確認ください。
4、研修費用:20万円。交通費等別途。費用は先払い。
多数の資料提供費含む。実例カラーチラシ多数。約200頁。

★資料原本を送りますので必要部数コピーしてください。
★電話相談無料。西京まで。
★研修のお申込みは電話・FAX・メールでお申込みください。

 

■「西京式定期借地権」事業の仕組み。社内研修のご案内。
1、従来の方式は欠点だらけ。
大手ハウスメーカーの仕組みの欠点は、地主に支払う一時金
を「保証金方式」にした事と、「販売代理方式」にしたこと
である。
保証金は相続税の対象になることと(複利原価率と複利年金
原価率で計算)
実際、千葉の地主さんは6億円の保証金を受け取って5年後
死亡され相続税が3億5,000万円課税され、払えないで
破産されたケースがある。
建物を転売する時に当初の保証金を支払う。
当初の保証金を600万円とし25年後に転売する時にも
同じ600万円を預託しなければならない。
25年も経過しているのだから本来は半額の300万円とす
べきである。
しかし同額の保証金を支払うのであれば買い手が付かない。
奈良市で約15戸の定期借地権住宅を販売し3戸を転売する
依頼を受けているが保証金が高すぎて売れない。
(返還請求権はあるが)
こういう場合は賃貸にするしかない。
当方の場合は権利金としているので転売の時に300万円を
売り主に支払う。(この金額は公示地価の1割)
権利金には課税されるが「地代前受け方式」で申告すれば所
得は分散できる。

2、大手の場合は、代理方式だが当方の場合は「賃借権または地
上権設定方式」にしている。
代理とは仲介に毛の生えた程度であるから地主が途中で解約
してくるケースが多い。
解約されるとこれまでの費用が無駄になる。
最悪なのは造成工事をしている場合回収ができない。
訴訟になってしまう。
設定方式の場合、地主の登記簿に「賃借権設定仮登記」をつ
けるので地主が浮気できない。
買主がついてから仮登記を抹消し、地主とエンドの「本登記」
をする。要するに地主を逃げないようにしてしまう。

3、期間は60年から70年。

4、権利金は宅地路線価の1割。
地代は住宅系の場合2%。
商業系の場合4%。
※路線価が不明な場合は周辺宅地固定資産税評価額×120%で計算。

5、用途。
住宅・マンション・賃貸住宅・病医院・老人ホーム・ホテル・
サ高住等。最近は再開発事業に多く用いられるようになっている。
(築地跡地開発等)

■24条、建物譲渡特約付借地権。
30年以上、当方の場合は30年~70年。
木造の場合は30年で建物を地主に無償譲渡している。
RC系は42年後に有償譲渡している。
賃貸マンションの場合は、利回りを20%ぐらいにする「利回り還
元方式を採用している。

■地主に支払う権利金と等価の建を交換する。
静岡のケースでは3億円の地価に対し権利金を1割の3,000万円
を支払い同額の区分建物と交換した。
つまり地主は建物が無償で手に入る。
静岡では2戸分の建物を地主に譲渡し1戸は自分で住み、もう1戸は
賃貸している。

■住宅金利が高くなってきたので、定期借地権建物のチャンスである。

■大手の時代遅れのやり方で定期借地権住宅普及が止まっている。
現在活発なのは商業店舗と定期借地権分譲マンションのみである。

■定期借地権の土地募集方法。
不動産業者さんを集めて説明会をする。
報酬は路線価の3%とすれば幾らでも集まってくる。
地主と契約し、仮登記した時点ですぐに報酬を払ってあげる。
★当社の主な実績。
1、定期借地権マニュアル&各書式集制作。
2、定借事例DVD6種制作。

★以下は地元企業の定借事業。
1、松江市の定期借地権注文住宅と分譲住宅。
約100戸。土地面積100坪。
建物床面積50坪。分譲価格3,200万円。
2、山形市で3,500万円~1億5,000万円の定期借地権住宅と
クリニック。計約200戸。
3、静岡県。定借賃貸マンション2棟。
建物譲渡付借地権。権利金と区分建物交換方式。
4、香川県。定借戸建貸家2棟。5年後転売。

※その他、岩手・福島・宮城・埼玉・千葉・神奈川・東京・岐阜・名古屋
・奈良・京都・大阪・兵庫・福井・愛媛・福岡・長崎・那覇で定借住宅
と分譲マンション、定借賃貸マンション等を手掛ける。計50現場。
■「西京方式」の定期借地権研修。
定借土地の仕入れから販売、客付けまでの実務。

★地主さんに対する
「定期借地権企画提案書兼各種計算ソフト」プレゼント付。(約30頁)

★22条・23条・24条。定期借地権、詳説。
1、時間:3時間。
2、研修費用:35万円 + 交通費等の実費。資料提供含む。

◆当社主宰:研究会「会員企業」割引価格。20万円 + 交通費等の実費。
3、添付資料
22条一般定期借地権設定契約書・重要事項説明書・借地借家法全
条文・公正証書見本・登記簿謄本見本。
地主さんに対する「定期借地権企画書兼計算書サンプル」期間最長90年。
地代・一時金計算・固都税・相続税評価額計算書。
事例カラーチラシ多数。約200頁分。

◆講師:西京建一
※各資料原本を各1通お送りいたしますので必要部数コピーしてご使用下さい。
※他に地主さんに対する講演や商談代行承ります。詳細はご相談ください。
※電話相談無料。西京まで。

■研修受講企業への進呈品。
※地主さんに対する「定期借地権企画提案書兼地代・一時金・固都税・
相続税評価計算」ソフト一式をプレゼント。
当社市販価格20万円のソフトを進呈。
22条・24条に対応。最長90年。

◆西京(最強)塾の入塾ご案内◆
——————————————————-

●ご入塾のメリット
1、ご入塾いただくと直ちに貴社と打合せの上、塾長西京が貴社を訪問し
あらゆるご相談を承ります。
(無料・交通費等の実費のみご負担ください)

2、あらゆるご相談は無料です。電話相談。時間無制限で。

3、随時当方より最新のニュースをメールもしくはFAXでお送りいたします。

4、月末にはニュース総集編と関連記事のスクラップ集をお送りいたします。

5、当方が販売するあらゆるソフトやマニュアル類及び研修や講演が
30%~50%引きの価格でご提供いたします。

6、地主さんや建築主との商談を代行いたします。
成功報酬の条件は別途ご説明いたします。

■この塾の目的は少子高齢化人口減少、建築着工数の減少90万戸~60万
戸に減少・空き家戸数840万戸の現在において、いかにして、地方の建
築・不動産売買・土地活用ビジネスにおいて、勝ち残り、事業種別に地域
1番店および総合売上で地域ナンバーワン企業になっていただくことを目
的としています。
ある東北の企業が建売不振で銀行管理になりましたが、西京がコンサルし、
業態を変えて県下ナンバーワンビルダーになられました。
銀行管理は2年で終わりました。

■どの業種で1番になれるか?
建築・不動産事業の場合、大手の取り扱い件数は40%。地元取扱い60
%の比率です。
つまりどの業種においても大手企業に勝つことはできるのです。
大手の価格は住宅で坪80万円以上ですが、地元で建築すれば長期優良住
宅でも坪単価60万円で受注することができます。

■どの事業で1番になるか? 以下のご相談承ります。
注文住宅・建替え住宅・建築条件付宅地販売・売り建て分譲・戸建貸家・
アパート・賃貸マンション・定期借地権による住宅・店舗・分譲マンショ
ン・相続による土地売買・賃貸の経営代行。
当方の取引先では新潟・埼玉・徳島で戸建貸家300戸以上受注されてい
ます。埼玉では営業は3人の女性チームが担当しています。
(営業1名・設計1名・補助1名。全員女性です)
空き家再生販売の手法・リースバック事業の進め方。等。

■塾長西京はこの30年間において地方のビルダー、不動産業の企画とコン
サルを担当し、その企画から販売まで手掛けた現場数は150現場を超え
ています。地主の組織化やお客様紹介においても独自のノウハウを有して
います。

★それでは貴社のご入塾をお待ちいたしております★

※ご不明な点があれば西京に直接ご連絡ください。
◎詳細は、ホームページにてご確認ください。

■急成長する戸建貸家事業化研修のご案内■
-------------------------------

※有名不動産ファンドが戸建貸家5,000戸に投資。
※当社取り引き先の新潟・埼玉・徳島では累計5,000戸建築。
※女性3人チーム(営業1名。設計1名。補助1名)で、年間戸建
貸家60戸受注。

◆戸建貸家の有望性。
アパマン空室400万戸以上。年30万戸空き家増大。
※戸建貸家はアパマンの1%~3%程度しか建築されていない。
つまり圧倒的に供給数が少ない。
※戸建貸家は、ほとんど建築中に入居者が決まる。

◆地主&オーナから見た戸建貸家のメリット。
1)建築費がRCの2分の1以下で建築出来る。
2)家賃アパマンに比べ3割高く取れる。利回りは10%~15%。
土地から購入しても7%前後の利回りがある。
3)建築費の回収が10年~15年で回収できる。
ローン額によって異なる。
4)減価償却22年で建築費全額が経費化できる。
5)土地の固定資産税が6分の1に軽減される。
6)アパマンに比べ入居期間が長い。平均6年~8年。
7)ほとんどが車通勤なので駅から遠くても満室になる。
8)狭小地25坪で1戸。50坪で2戸建築出来る。
いわゆる庭先空地の活用。

◆入居者のメリット。
1)アパマンの騒音から解放される。
2)庭で子育てできる。
3)敷地内駐車場が2台ある。
4)ペットが飼育できる(但し大型犬は禁止される場合がある)
5)最新の住設で快適な生活が出来る。

◆建築会社のメリット。
1)建築費がRCの2分の1で完成する。
2)認から竣工まで3ヶ月でできて資金回転が良い。
3)築利益は約30%見込める。
4)紹介受注が多い。後で具体的に説明します。
5)経営したい人は地主以外にも多くいる。
所得の高いサラリーマン。一般企業。投資家。等。
6)自社で経営してから投資家に販売出来る。
家賃が下がっていないとほぼ新築で売れる。
当方の知り合いの魚養殖業者が四国で宅建免許をとり、
香川で20戸の戸建て貸家を経営。

※このように有望な事業ですが、それには以下の条件を満たした建築
にしないと成功しません。
1)デザインが美しいこと。内装もお洒落であること。
2)快適なプランであること。
広いバスルーム。ペット仕様。防犯カメラ設置。敷地内駐車場
2台分あること。
3)長期優良住宅認定住宅であること。
4)高気密・高断熱住宅。
5)地震に強い家であること。
フレーム工法・ピン工法の採用。能登の地震でお分かりでしょう。
★貸家の延べ床面積は20坪~24坪が主流です。

◆以上の主旨で貴社内の社員研修承ります。人数に制限はありません。
※テーマ。
1、税務の基礎知識。固定資産税・所得税・相続税について。
2、利回りの種類の理解。①表面利回り。②実質利回り。③純利益の
計算の仕方。
3、女性営業の導入。女性は男子の2倍売ります。その採用方法と教育。
3ヶ月で1人前に仕上げます。年齢は20代から40台。始めアル
バイト採用。優績者は6ヶ月後正社員に採用。
4、地主営業の仕方。訪問から契約まで。
5、営業アプローチツールの作成方法。4枚から5枚程度。
6、地主ほか顧客紹介システムの創り方。
7、地主見込み客リストの作成方法。
8、投資物件の販売方法。
9、5年経営して5年後投資商品として販売する方法。
10、戸建て貸家の商品化の要点。
11、質疑応答。

※研修時間:3時間。
※受講費用:30万円。(会員企業様15万円。)
+交通費等の実費。
※費用は前払い。会員企業様は後払い。

★講師:西京建一。既に2,500社を研修。手掛けた現場は
全国で約150ゕ所。
プロフィールはホームページでご確認ください。

★電話相談は時間無制限無料です。
西京まで。

★テキストや資料は約200頁。
原本1通を送りますので必要人数分コピーしてご使用ください。

■貴社でも出来る定期借権事業の実務者養成講座のご案内■
----------------------------

★受講企業様に地主さんに対する企画提案書と地代、権利金、固都税・相続税評価額を計算するソフトを無償で提供いたします。事例DVDも無償提供。

1、22条。一般定期借地権。50年以上。実際は60年~70年。
全ての建築物が可能。地代額・権利金の額。
建築物はすべて可能。

2、23条。事業用借地権。
1)30年物:木造、軽量鉄骨等。50年物:RC建築物。
建築物は非住宅系ならすべてOK。ホテルは収容施設で住宅ではありません。
公正証書作成が絶対条件。

3、24条。建物譲渡特約付借地権。期間30年以上。
木造系なら30年で建物を地主に譲渡します。
当社丸亀の2棟の戸建て貸家は2年間建築会社で家賃を稼ぎ30年後入居者付き   で地主に無償譲渡。
RC建築物では40年後に地主に建物を譲渡。譲渡価格は自由設定ですが、当方は
「利回り還元価格」が良いと考えます。20%利回りとします。

4、土地の権利金と区分建物交換方式。
静岡のケースでは土地価格3億円。地主への権利金1割の3,000万円。
この権利金と建物交換。
地主さんは自己資金ゼロ円で区分マンションが手にはいります。

※それぞれの定期借地権の一時金と地代支払額。
23条の事業用借地権は固定資産税の軽減がありませんので22条の借地権の倍額前後を支払います。

5、契約書書式・重要事項説明・土地の謄本・等。現物を提供して説明いたします。

6、定期借地権土地の受託はある方法を使えば簡単にできます。
土地紹介報酬の適正額もご説明いたします。

■研修概要。
◆場所:貴社会議室・時間3時間。
◆受講費用:非会員価格30万円。会員価格15万円。
+各交通費等の実費。
◆研修に使用する資料。
テキスト「定期借地権の真髄」「相続税対策」定期借地権契約書類。登記簿謄本事例。公正証書見本。
※実例カラーチラシ集多数。計300頁分。
※この資料原本1通を貴社に送りますので必要部数コピーしてご使用ください。

◆研修進呈品。
1)地主さんに対する企画提案書兼各種計算ソフト(地代・権利金・固都税・相続税評価額・更地と定借土地の固都税比較。最長90年まで。
2)事例DVD各50分。
①定借よるミサワホーム千葉の事例。
②定借による分譲マンション事例。刈谷市・住いの角文。
③定借によるアパート経営。福島、坂上建設事例。計3作。
巻末5分にプロによる入居者」インタビュー付。入居満足度100%。
■講師:西京建一。(日本一の定借実績。手掛けた現場数50ヶ所)
■会員企業様とは当社主宰の「土地活用・建築、不動産ビジネス研究会」の会員様です。
詳しくはホームページでご確認下さい。
■研修のお申しこみと研修費支払い方法。
会員さまは研修後の後払い。非会員様は原則として前払いとなります。

■研修のお申し込み方法。
貴社名・代表者名・住所・電話・FAX・メール番号ご記入の上、
当社までFAXでお申込みください。

■事前の電話でのご相談は時間無制限で無料です。
会員・非会員様とも。
西京まで。