■厳しくなった賃貸住宅融資■

■増々厳しくなってきた賃貸住宅融資■
-----------------------------
◎スルガ銀行のシェアハウスの不正融資問題で銀行融資が厳しく
なってきた。
これまでは全額融資が当たり前のようであったが、以下のよう
に各地銀の融資は厳しくなってきた。
対象は、アパート、賃貸マンション、シェアハウスが主である
が、サ高住や戸建て貸家についても厳しくなるだろう。

1、自己資金。20%以上必要。

2、家賃が2割下がり、金利が3.5%になっても返済可能で経営
が継続出来る物件。

3、マンション等の場合、大規模修繕費が積立てられているか。
つまり毎月の修繕積立金が適正であるかどうか。

※以上の基準で考えれば、
利回りが当初10%-2割=8%-3.5%=4.5%。の範囲で
管理費や固定資産税を加算しても経営が成り立つかどうかである。
当初10%なら経営は可能だが、7%以下では経営が不可能とな
るのではないか。
心配されることは、この基準に合わせるために建築費がローコス
トになり、耐震性能も良くないものの建築が増えることである。
土地を定期借地権にすれば利回りは3%程度あげられるが、定期
借地の賃貸住宅には基本的に融資が付かない。
普通の住宅の定期借地権ローンは問題なくつくのであるが、残念
ながら賃貸住宅では融資がつかない。
最も富裕層や信用力のある個人や法人では、どのような土地形態
でも融資は実行される。
このように賃貸住宅融資が厳しくなったので、賃貸住宅の着工数
は30%以上減少するのではないかと思われる。
25万戸が17万戸前後に減少するのではないか。