★ナンバーワンとオンリーワンの違い★

★ナンバーワンビルダーとオンリーワンビルダーの違い★
-------------------------------

◎ナンバーワンビルダーとは、
県下、地域の総合売上額でナンバーワンになることである。
この最高額は、大阪岸和田のフジ住宅である。
売上総額700億円以上。東証、大証にも上場している。
関西における定期借地権分譲マンションも関西で一番早く事業化
した。
この定期借地権の社内研修とこの時の銀行融資については、同社
と取引のある地銀にローンの付け方と権利保全の仕方は当方がア
ドバイスした。
この会社のオーナーは高卒後別荘地販売の営業マンをしていた。
独立し、現在の大企業に成長した。

さて、オンリーワンビルダーとは分野別に県下、地域でナンバーワン
企業になることである。

1、建築条件付宅地販売のナンバーワンは、愛知県の取引先である。
年に約60戸建築している。営業3名。設計1名。
全国ビルダー1人当たり売上額4位である。

2、戸建て貸家のナンバーワン企業は、埼玉の企業である。
女性3名で年60戸~70戸建築している。
営業1名。設計1名。補助1名である。

3、注文住宅ナンバーワン企業は、山形市の取引先が年400戸。
島根県の取引先企業は年に150戸程度建築されている。

4、定期借地権注文住宅は、取引先の山形市にある。
推計300戸。1個の最高額は9,000万円である。
建築総数は年に400戸だから県下ナンバーワン企業である。

5、定期借地権分譲マンションは、岐阜の取引先である。
累計200戸ぐらい。FC化しようとしたが成功しなかった。
当方はこのためのあらゆる契約書やマンション管理契約書を作成
した。

6、賃貸マンションは、大阪、名古屋にトップ級のビルダーが2社ある。

7、サ高住は名古屋の取引企業で、約1,000人の収容施設を建築し
ている。地主建築をサブリースで借り上げる形態である。

8、和歌山県のビルダーは、建築と不動産売買の成約数が年間600件
となっている。
★先ずは、分野別オンリーワン企業になることをお薦めする。

★上記、1、~8、までの事業化相談。
講師西京が貴社に出張。時間3時間前後。
費用1回に付5万円(税別)+交通費。
電話相談無料。西京まで。

★上記1、~7、までの社内研修。時間5時間前後。
費用15万円(税別)+交通費。多数の資料付。

★上記のご相談や社内研修のテーマについては、
1、~7、までからお選びください。幾つでもOKです。