★広告&PRの方法と効果★

★広告&PRの方法と効果★
-------------------------
◎初めに、個人情報の問題について説明しておこう。

1、個人情報とは、個人の秘匿しておきたい情報のことである。
財産額や病歴、家族構成等を言う。
登記簿のような公開されているものは対象にならない。
メールは企業が公開されているものは保護の対象にならない。
FAXは今のところ無差別に送っても違法ではないが、アメリ
カでは禁止されているので、将来は違法になるかも知れない。

★広告&PRの方法と効果
1、新聞広告。
お金がかかる割には効果がない。当方が「相続対策セミナー」
を企画した時は、日経新聞、朝日新聞に5段広告(関東版)を
出した。
DMも3万通出したので集客数は、500組だった。
(内訳は広告で200人。DMで300人)

2、新聞折り込みチラシ。
3万通を1単位。5万、10万、30万と拡大して行く。
企画にもよるが3万枚でマックス20組ほどである。
沼津で「戸建貸家見学会とセミナー」をやった時は、3万枚で
20組40人集客した。
企画制作、講師は当方が担当した。
Sハウス広島営業所の場合、DM3万通、中国新聞全5段で
「アパート経営セミナー」を行った。
企画のお手伝いと講師は私である。当日の来場者400名。
当日の個人相談会申込み60組。
住宅メーカーでは、Sハウスの企画が優れている。
特に個別相談を多数取るところにSハウスのノウハウがある。
他社よりも一手間、二手間工夫している。

3、手蒔きチラシ。
特に社宅や賃貸住宅や老朽家屋に対しては手蒔きを重視する。
最近は新聞を購読する人が少なくなってきたので、手蒔きチラ
シを重視せざるを得ない。
これも代行業者がいるが、捨てたりする場合がある。
自社で行う方が確実である。
千葉での建替えセミナーは、すべて手蒔きチラシ3万通で
1,200人集客した。
これは、特典が一杯あったからである。
つまり魅力的な企画でないと人は集まらない。
千葉の場合、1日で60棟受注した。企画一式は当方が担当した。

4、メール広告。
経費もかからないが効果もほとんどない。
個人には無差別で送らない。企業はOKである。
効果は延べ10万通に、ひとつくらいである。

5、DM効果。
当社の場合、地主等は調べて送っている。
3万通で集客は300名程度である。

6、マスコミパブリシティ。
これは費用ゼロで抜群の効果がある。
ただし、マスコミが興味を持つ企画にしないと駄目である。
昨年11月福井における定借住宅5戸は地元新聞に記事が掲載され
て5戸を完売した。
宣伝費用がゼロ円。この企画と契約業務一式は当方が担当した。
また当方も26,000円のビデオを企画したとき日経新聞が囲み記
事を載せてくれたので、当日から電話が殺到し計500本売れた。

※このPR代行会社があるが、効果ゼロである。
代行業者はメールをするだけ。
僕らは1社毎にお手紙をお送りする。
リリースはA4、2枚にする。

7、FAX広告。
1通の経費は5円である。
当方は一時、月1,000万円分送っていた。
これほどの費用をかけてもメリットがあった。
企画がマンネリすると効果は無くなる。
FAXの場合「無断で送るな!」の苦情が殺到する。
だから気の弱い人は耐えられない(笑)
FAXが面白いのは、1回目、2回目と送っても効果は変わらない
点にある。
それは、FAX機器の前で受け取る人が異なる点にある。
人によっては破棄するが、人によっては、しかるべき上司に手渡し
してくれる。運である(笑)
当方はFAXリスト100万通を持っている。
代行業者からのリスト借りは、1通2円からである。

8、地域情報誌。
これも企画が目新しい時は、そこそこの効果がある。
同じような企画をしていた場合、ほとんど効果はない。
集客効果は1回1人~マックスで10人程度である。