★木造中層賃貸マンションのメリット★

★木造中層賃貸マンションのメリット★
3階建て~6階建て。
-------------------

◎木造高層建築が増えつつある。
この原因は、耐火性に優れた特殊木材が開発されたことによる。
住友林業は東京の中央区において70階建てのビルを計画している。
8,000戸分の木材を使用するとのこと。これは難しい。
10階前ならともかく70階は無理である。
実現性はないと言っておこう。
それはともかく6階建て前後の賃貸マンションが木造で建築される
ようになってきた。
従来は4階ぐらいまでだが、耐火木造の普及により、今後の中層の
木造建築は増加するだろう。
今号では木造賃貸マンションについて、オーナーにとって何がメリ
ットがあるのかを考えて見る。

1、木造中層建築増加の主な理由。
木質耐火部材の普及。1回2時間耐火の木材が開発された。
CCL WOOD、(オープン工法)これにより、中高層建築の
可能性が広まった。(現実には4階~6階が多い)

2、建築コスト・コストはRCと比較してそれほど安くならない。
単価本体坪100万円超。

3、軽量であるから基礎工事の費用が安く工期も早い。
工期は、6ヶ月くらいか? RCは8ヶ月~1年くらい。

4、家賃収入。RCと同じ。

※それでは木造とRCに違いは無いのではないか?と思われるが、
次の税務上のメリットがあるのである。
1、建物の固定資産税評価額が安くなる。
税務上の単価はRCの約2分の1となる。

2、建物の原価償却が早くなる。
RCは坪約47万円。木造は坪27万円くらいである。
但し、地方別に異なる。
税務評価が安すぎると言われているので、将来的には高くなる。
つまり、建築費が1億円としてRCなら47年で全額償却する。
(つまり建築費を回収する)
木造なら22年で建築費を回収出来る。
これが最大のメリットである。
イメージとしてRCなら建築費を20年で回収するとして木造
なら約7年で建築費を回収できることになる。
(最終簿価は1円)

※以上が、木造賃貸マンションの最大のメリットである。