バブルの歴史。

◎バブルと言えばオランダのチューリップバブルが有名。

球根が現在の価値で言えば1球200万円~500万円になった。

日本では江戸時代に兎バブルや文鳥バブルが起きている。

品種改良したものが高額で取引された。

幕府はこのバブルを潰すための高額の税をかけた。

兎一羽に1両(現在価値約15万円)これにより幕府はバブルを潰した。

江戸時代には草鞋税もあった。
不動産バブルは、既に明治5年くらいに起きている。

維新政府の財源を増やすために、豪商に「換金抵当増額令」を発し、豪商の持つ

土地の価格を高騰させ、豪商から献金させた。

(越後屋、現在の三井グル―プは江戸だけで100ヶ所以上土地を所有していた)

つまり架空価値に融資した分を献金させた。
昭和の後半~平成2年には、日銀の政策で銀行が無制限に不動産融資をした。

その額200兆円である。

日銀の三重野総裁が金融を引き締め不動産バブルは崩壊した。

この後遺症は現在も続いている。まだ、100超円ほど回収できていない。

 

現在は、オリンピックバブルである。このバブルはオリンピック後に終わる。

不動産は大幅に下がる。

建築費はRCで20%下がる。

木造は高騰していないのでバブルの影響はあまり出ない。

ピットコインは、バブルそのものである。

上がる時は、何十倍にも上がり、下がる時も何十%下がる。

これは投機的商品である。

政府の保証しない仮想通貨にはなんの保障もない。

オランダのチューチップバブルと同じである。
ピットコインは保証金の25倍まで買えるから、大儲けするときもあれば大損する

場合もある。

多分破産者が続出するのではないか。

よく分からないものに手を出すべきではない。

 

ホテル投資も限界になっている。

オリンピック後は、1日1万室の空きが出る。

 

小バブルの周期は約20年。大バブルの周期は約60年である